戻る Home

当神社の神楽は、400年以上の歴史があると伝えられております。 (神社に伝わる「別当系図」(べっとうけいず)にて) 演舞は例大祭の一日目に行います。また例大祭での神楽奉納の後、湯立て神事が執り行われます。
また1月14日の夜、神前で年始めの奉納演舞があります。 演目は法印神楽の舞を主としており、一部に熊野堂系の舞曲を含め、 舞型には修験の呪を多く用いております。