fjnadmin@akiu のすべての投稿

『my硯つくり』のご案内

 

来月7月29日(土)午後1時30分より、当社社務所において『my硯つくり』体験を開催致します。

宮城県石巻市雄勝町は日本一の硯の産地として知られていますが、東日本大震災での津波による壊滅的な被害で町は一変し、今なお復興の途中です。そのような中、仙台市出身でイタリア在中の世界的彫刻家の武藤順九氏の呼びかけで、『my硯』運動が立ち上がりました。

雄勝復興と「硯、墨、筆」に代表される日本古来の文化再考も兼ね、自分で硯の形を考え創り(彫り)、一生の記念にしようとするものです。今回は青葉城恋歌で有名な、さとう宗幸さんも応援に駆け付けてくれる予定です。

仙台の奥座敷・秋保の神々が集う秋保神社で、世界でたったひとつの『my硯』を武藤順九氏、雄勝の職人さん達と一緒につくってみませんか。詳細は、画像でご確認ください。

研修旅行(岩手・秋田方面)

去る6月5・6日(月・火)と1泊2日の日程にて、岩手・秋田方面へ研修旅行に行って来ました。今回は、神社参拝と当社神楽殿新築のため各御社の神楽殿の見学を目的し、岩手県の金ヶ崎神社・遠野郷八幡宮・早池峰神社の3社をお参りさせて頂きました。

初日には、金ヶ崎神社と遠野郷八幡宮を正式参拝させて頂き、宮司様より御由緒のご説明を賜り神楽殿等の施設を見学させて頂きました。その後、ユネスコ無形文化財文化財に登録されている「早池峰神楽」のある早池峰神社を参拝し、神楽殿を見学して来ました。

2日目には、秋田県へ移動し田沢湖を観光、昼食後に仙北市にあるわらび劇場にて伊達政宗公と支倉常長を題材とした「ジパング青春記」を鑑賞しました。鑑賞後には劇場前にて、出演者の皆様と一緒に記念写真を撮らせて頂き、とても良い思い出となりました。

来年以降も、氏子崇敬者の皆様と共に充実した研修が出来るように企画していきたいと思います。

御神幕奉納式

今回、山下副総代長の取次ぎのもと、氏子である伊藤勝次様より今年95歳を迎えるにあたり、長年お守り頂きました氏神様に感謝の気持ちとして御神幕をご奉納したいとお申し出があり、若林区南染師町の永勘染工場さんに新たに奉製頂き、伊藤様の誕生日5月24日に奉納式を斎行致しました。

奉納式には、ご高齢のため伊藤様にご参列頂けませんでしたが、御神幕をお祓いし、祝詞にてご奉納の報告と伊藤様の健康長寿・伊藤家の繁栄をお祈り申し上げました。神事終了後、早速御社殿に取り付け、8年振りの新調に大神様も大変喜ばれているのではないかと感じております。最後に記念写真を撮影し、伊藤様に感謝状と記念品をお届けし滞りなく終えることが出来ました。

御田植祭斎行

去る5月20日、秋保神社の御神田において「御田植祭」を斎行いたしました。

当日は天気にも恵まれ、午前10時より神事を執り行い、豊作と五穀豊穣をお祈り申し上げました。神事では、6名の女の子達に早乙女衣装を着装してもらい、田長さんと一緒に田植え神事をご奉仕を頂きました。神事終了後には、神社関係者や剣道の少年達など参加者全員で田植えを行い滞りなく終えることが出来ました。

無事に苗が成長し、秋に稲穂が豊かに稔り「抜穂祭」(稲刈り神事)を迎えることが出来ることを日々お祈りしていきたいと思います。

 

境野八幡・愛宕神社例祭

去る4月22日(土)、秋保町境野地区の八幡・愛宕神社の例祭が執り行われました。

早朝より地元の皆様に社殿・境内の清掃や幟立てなどのご奉仕を頂き、神事を滞りなく終了することが出来ました。大神様のご加護を賜り、境野地区が平穏で益々繁栄しますようご祈念しております。

「赤い勝守」と「芸農人」

新しい御守の紹介です。

当社で、参拝の方が多く受けられている「勝守」に赤色のお守りを新しく奉製致しました。赤色は太陽や火の熱く活発なイメージが有り、エネルギーを感じさせるアクティブな色で、スポーツや勝負事で闘争心を駆り立ててくれ、勝守に相性の良い色と思っております。これから夏に向け、試合や大会が多くなると思いますので、勝負の神様のご加護を賜りますようご紹介致しました。

さて先日の話ですが、宮司の本務社である坪沼八幡神社の社務所に住み込み、農業をしながら地域発展に努める吉本芸人「衝撃デリバリー」の二人がお参り来てくれました。写真では変なポーズをしていますが、八幡神社の例大祭で使用する物を取りに来た真面目にお手伝いをする和田くん(左)と杉本くん(右)です。1年間、農業で住みます芸人として農業をしながら『農業・坪沼・宮城の魅力』をたくさん発信してくれると思います。楽しく面白い二人ですので、見かけたら声をかけてあげてください。軽トラックが目印です。

「祝 山中慎介選手 防衛成功!!」

昨日3月2日、WBC世界バンタム級世界チャンピオンの山中慎介選手が挑戦者のカルロス・カールソン選手に勝ち、12度目の防衛を果たしました。

山中選手には昨年秋に秋保神社をお参り頂き、その際絵馬を奉納頂き、更には快く記念写真を一緒に撮ってくださいました。授与所では、当社で頒布の多い勝守(金色)を受けていかれました。

絵馬には「継続は力なり」と書いてあり、毎回の試合を観戦しておりますが、日々の厳しい練習に臨まれているからこそ何度も防衛することが出来ていると改めて感じました。多くのボクシングファンの皆様が13連続防衛の日本記録を期待していると思います。勝負の神さまのご加護のもと、今後の更なるご活躍をお祈りしております。

奉納絵馬は授与所にございますので、ご参拝の折、ご覧になってください。

 

節分祭斎行

今日2月4日は、二十四節気のひとつである「立春」です。暦の上では大寒が明け、厳しい寒さも徐々に和らぎ、春の気配を感じられる頃とされております。今日の秋保は、暦の通り朝から青空が広がり、日差しが暖かく春の足音を感じられる天気となっております。

さて、秋保神社では去る1月29日に、節分祭追儺式を斎行致しました。まず社殿において1年の災厄を祓い、無病息災で過ごせるよう祈願した後、裃を着けた奉仕者による福物豆撒きを行いました。境内には地元の方を始め、多くの皆様にご参集頂きました。

また境内では、凧作りや餅つき、宮城街づくりPRユニット「カラクリ杜のくノ一姫」による歌の披露があり、賑やかな1日となりました。

節分祭のご案内

どんと祭が終わり、境内も少しずつ日常に戻りつつありますが、秋保神社では1月29日(日)に斎行する「節分祭」に向けて準備を進めております。節分は立春の前日をさし、冬から春へと移り変わる重要な節目で、古くは立春から1年が始まるとされ、節分には心身を祓い清め、1年間の無病息災と幸福を願う行事が行われてきました。

当社では、1月29日(日)午後3時より「福物豆撒き」を行います。ぜひ今年の「福」を受けられますよう、ご参拝下さい。また、開運招福・厄難消除・商売繁盛の願いを込め、「節分追儺式」を斎行致します。豆撒きの奉仕者を募集しておりますので、年男年女・厄年の方などご希望の方は社務所までお問い合わせ下さい。授与所では、「福豆」を初穂料300円で頒布しております。

当日は、境内で午後1時より楽しい「凧づくり」(参加料300円)、午後2時より「餅つき大会」(振る舞い餅は限り有り)を行いますので、ご家族皆様で秋保にお越し下さい。

 

どんと祭のご案内

1月14日(土)、お正月飾りや1年間お祀りした御神札などお焚き上げし、無病息災や五穀豊穣を祈る「どんと祭」を執り行います。午後6時点火、午後9時鎮火の予定となっております。

また、午後7時から拝殿にて、仙台市登録無形文化財「秋保神社神楽」の初奉納があります。鑑賞は、一般の方も自由となっていますのでご覧下さい。境内では屋台の出店もあり、先着100名まで甘酒を無料で振る舞います。ぜひ秋保神社の「どんと祭」にお越し下さい。皆様のご参拝をお待ちしております。