夏越の大祓式斎行(6月30日)

去る6月30日午後3時より、境内におきまして夏越の大祓式を執り行いました。大祓は、半年の間に知らず知らずに犯した罪や身に付いた心身の穢れ、いっさいの災いを祓い、清浄な本来の心身を取り戻すための祭祀であり、この神事で平穏無事な生活を願います。

神事では神職が古くから伝わる大祓詞を奏上し、参列者は切麻を体にまいて清め、次に紙を人の形に切った人形で体をなで、息を3度吹きかけ罪穢れをうつします。その後、無病息災を祈り「茅の輪くぐり」を行い、社殿にて宮司が祝詞奏上をし滞りなく斎行致しました。

参列頂きました氏子崇敬者の皆様には、大神様のご加護のもとご健勝で過ごされますようお祈り申し上げます。年末には年越しの大祓式を執り行いますので、多くの方にご参列頂ければと思います。