白熱した試合

少年剣道野試合奉納大会

去る9月17日、例大祭初日に「少年剣道野試合奉納大会」が執り行われました。今年で8回目となるこの大会は、参加チームが野試合を通して交流を図り、集団活動に必要なマナーやルールを学び、今後の剣道修練に取り組むための気力・体力を養って頂くことを目的として開催しております。

今回は11チームが参加して下さり、まず始めに関係者・参加選手全員が御社殿において正式参拝し、境内にて開会式が行われました。そして「日本剣道形」と「居合道」の演武が奉納され、終了後、試合開始となります。試合では、選手の気合の入った戦いが繰り広げられ、多くの参拝者の方が観戦しておりました。

閉会式では、入賞チームに賞状とメダル、秋保でとれたお米が贈呈されました。また選手全員に、勝負の神様である当社の勝守をお頒ちしました。秋保大神様の御加護を賜り、元気に練習に励んで頂き、今後益々の活躍をお祈りしております。