羽山権現例祭斎行

5月22日、秋保境野地区の羽山神社の例祭が斎行されました。秋保のどの場所から容易に望むことが出来る大倉山は、古くは羽山と呼ばれ、山頂に月山権現が祀られ地方民の信仰の対象となってきた山です。

地域の皆さまにより、御社殿の清掃や幟を立てるなどの奉仕活動が行われ、滞りなく例祭は斎行されました。東日本大震災時には、覆屋や灯篭に大きな被害がありましたが、皆さまのお力により綺麗に修復されるなど、古来より地域の方々に守られてきたお社です。

頂上での祭典後には、名取川の断崖上に鎮座する「羽山七社」にて神事を執り行いました。大神さまのご加護を賜り、地域のご発展と皆さまのご多幸、ご健勝をお祈り申し上げます。

~御祭神~ 月讀命・薬師如来・応神天皇・素戔嗚尊・大山咋命

御田植祭斎行

5月21日、秋保神社の御神田において「御田植祭」を斎行いたしました。この神事は、全国各地に伝承されており、日本人と稲作との長く深い関わりを示すもので、農作物の豊作・五穀豊穣を祈念し執り行います。

当日は午前10時より祭典を行い、宮司が祝詞奏上・御神田をお祓いした後、参加者全員で田圃に入り苗を植えました。また、秋保温泉のアイドルユニット「Are 湯 Lady」の2人をはじめ10名の女性には、昨年、地域の方に縫製頂いた早乙女の衣装を着装し、ご奉仕してもらいました。

田植え終了後には、社務所で昨年採れた御神米を使ったカレーライスや山菜などが振る舞われ、みんなで賑やかに美味しく召し上がりました。

無事に苗が成長し、実りの秋を迎え収穫を出来ることが今から楽しみです。

「G7 AKIU FESTIVAL」神輿渡御

5月20日、仙台市などでつくる会議推進協力委員会の主催で開かれた先進国7カ国財務相・中央銀行総裁会議を取材する海外メディアの歓迎イベント「G7 AKIU FESTIVAL」において、神輿渡御を奉納させて頂きました。

秋保神社の御神輿は、昨年3月に東日本大震災からの復興を願い、宮崎県の高千穂神社より寄贈頂いたものであります。今回、海外からお越しの皆さまに震災からの復興が少しずつ前進していることをお伝えするとともに、日本の文化と伝統に触れて頂きたく、奉納神事を執り行いました。

神輿渡御の最後には、イベントに参加された方にも担いで頂き、無事に執り納めることが出来ました。秋保大神さまのご加護のもと、世界平和と経済の発展、また秋保にお越し下さった皆さまのご多幸とご活躍をお祈り申し上げます。

まもなく…

 

5月20日・21日に秋保にて、「G7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議」が開催されます。秋保に多くの皆さまがお越し下さいますことをお待ちしてますとともに、地域の活性化に繋がりますようにお祈りしております。

写真は、「秋保・里センター」にて撮影したものです。里センターでは、秋保の観光スポット、イベント、歴史などの情報を知ることが出来ます。また足湯や、「cafe HACHI」も併設しており食事も出来ますので、是非立ち寄ってみて下さい。

少しずつですが神社のことだけではなく、秋保地域の情報も書いてまいりますのでお読み頂ければ幸いです。

 

仕事守のご紹介

今回、仕事守を新しく奉製いたしました。

商売繁盛、営業繁栄、業績向上、業務安全、就職成就等、皆さまの仕事運が向上されますようにご祈祷いたしました御守でございます。お財布、名刺入れなどに入れてお持ちください。

表と裏には、浄書した書体を刺繍にてあしらっており、当社オリジナルとなっております。

5月初旬より頒布し始めてより、多くの参拝者の方にお受け頂いております。勝負の神・秋保大神さまのご加護を賜り頂きたくご紹介いたしました。

DSC_0093

DSC_0104

ブログ開設しました

秋保神社は、平安初期の大同三年(西暦808年)、征夷大将軍坂上田村麻呂が蝦夷平定の折、この地に熊野神社(現在は摂社として御本殿の南脇に鎮座)を祀ったことが起こりと伝えられております。

約一千二百年の歴史を刻み続け、今なお、大願成就、開運の神様として名高く、勝負の神として多くの方が参拝に訪れており、ますますその御神徳は広くあらたかであります。

当神社の行事や、日常の一コマをこのブログに綴ってまいります。皆様のお目にとまりましたら幸いです。

例大祭のお社