『節分祭』のご案内(2月3日)

今年のお正月・初詣は天気にも恵まれ、多くの皆様にご参拝を頂きましたことを感謝申し上げます。秋保大神様のご加護のもと、良き1年になりますようお祈りしております。

当社はどんと祭を無事に終え、境内は普段の穏やかな日となっておりますが『節分祭』斎行に向けて準備を進めているところです。今年の節分祭は2月3日(土)午後2時半から執り行い、豆撒きは午後3時からの予定となっております。現在、豆撒き奉仕者を募集しています。厄年・年男年女の方など、どなたでもご参列できますのでご希望の方は社務所までご連絡ください。授与所では、節分福豆を初穂料300円でお頒ちしておりますので、年齢の数(または数え歳の数)だけ食べて、1年間の無病息災を祈りましょう。

節分祭の当日は、午後1時から楽しい『凧作り』(参加料300円)と午後2時から餅つき大会もあり、参拝の皆様に餅の振る舞い(先着順・限り有り)がございます。また境内では、あんまん・肉まん・からあげ・コーヒーなどの出店もある予定となっています。

ぜひ節分祭は、秋保神社にご参拝ください。多くの皆様のお参りをお待ちしております。

 

明日は『どんと祭』です

明日、1月14日は『どんと祭』を斎行致します。1年間、お守り頂きました大神様のご加護に感謝し、古くなりました御神札や御守、また門松や正月飾りをお納めください。午後6時が火入れとなり、午後9時頃までお焚き上げする予定となっております。お焚き上げの火は「御神火」と呼ばれ、その火にあたると1年間、無病息災で過ごせることが出来るといわれておりますので、ぜひご参拝ください。

午後7時からは御社殿において、仙台市無形民俗文化財の『秋保神社神楽』が初奉納されます。どなたでもご自由に観賞が出来ます。どんと祭のご参拝に合わせ、ご覧頂ければと思います。また境内では、甘酒や正月三が日に続き「七福点心」の美味しい肉まん・あんまん・唐揚げ・タピオカドリンクなどの販売があります。

明日は、秋保神社『どんと祭』にお参りください。

初詣お待ちしております。

今年1年、多くの皆様に当社をご参拝頂きましたこと感謝申し上げます。

来る麗しき新年「平成30年戊戌歳」も皆様のご参拝を迎える準備を無事終えることが出来ました。授与所では破魔矢・熊手の縁起物をはじめ、新年限定の「勝守」などの御守を頒布致します。元日は午前零時より午後6時までの開所を予定しております。

また、境内においては神社関係者の方によるかき揚げそば・玉コン・甘酒の出店があり、また今回は移動販売車で営業しております「七福点心」さんが、肉まん・あんまん・唐揚げ・あげもち・タピオカドリンクなどを販売してくださいます。ぜひ初詣の際は、お召し上がりください。

皆様のご参拝をお待ちしております。

平成29年例大祭斎行

9月16日(土)に例大祭の神事を斎行致しました。まず、午前9時より例大祭の無事と成功を祈り、小笠原流弓術「三品藤級」松原氏による邪気退散の礼射奉納が行われました。

午前10時30分からは、御社殿において神事を執り行い御神前に神饌をお供えし、宮司が祝詞奏上、参列者の方々に玉串を捧げご拝礼頂き、国家の繁栄と地域の発展・平穏をお祈り致しました。

第1回『my硯つくり』(7月29日)

7月29日、秋保神社社務所において一般社団法人「風の環」の主催のもと、第1回『my硯つくり』が開催されました。これは東日本大震災で被害を受けた石巻市雄勝町の復興を目的とし、世界的彫刻家の武藤順九さんが立ち上げた『my硯』運動です。

当日はまず御社殿においてお参りをし、次に硯にする雄勝石を選び、硯職人さんの指導のもと、参加者は思い思いのデザインを彫刻刀で彫っていきました。また今回は OH!バンデスに出演しておりますさとう宗幸さんも応援に来てくださり、みんなで楽しい一時を過ごす事が出来ました。

参加者の皆様は、世界に一つだけの『my硯』を作る体験が出来、大変貴重な時間となりましたと喜んでおりました。デザインされた硯は職人さんが最後の仕上げを行い、皆様のご自宅に届けられる予定となっています。職人さんはこの体験を長く続けていきたいと仰っており、次回は11月3日(金)に仙台市若林区の小林山保春院で開催される予定となっています。当社でも次回また開催できる協力していきたいと思います。

夏越の大祓式斎行(6月30日)

去る6月30日午後3時より、境内におきまして夏越の大祓式を執り行いました。大祓は、半年の間に知らず知らずに犯した罪や身に付いた心身の穢れ、いっさいの災いを祓い、清浄な本来の心身を取り戻すための祭祀であり、この神事で平穏無事な生活を願います。

神事では神職が古くから伝わる大祓詞を奏上し、参列者は切麻を体にまいて清め、次に紙を人の形に切った人形で体をなで、息を3度吹きかけ罪穢れをうつします。その後、無病息災を祈り「茅の輪くぐり」を行い、社殿にて宮司が祝詞奏上をし滞りなく斎行致しました。

参列頂きました氏子崇敬者の皆様には、大神様のご加護のもとご健勝で過ごされますようお祈り申し上げます。年末には年越しの大祓式を執り行いますので、多くの方にご参列頂ければと思います。

『my硯つくり』のご案内

 

来月7月29日(土)午後1時30分より、当社社務所において『my硯つくり』体験を開催致します。

宮城県石巻市雄勝町は日本一の硯の産地として知られていますが、東日本大震災での津波による壊滅的な被害で町は一変し、今なお復興の途中です。そのような中、仙台市出身でイタリア在中の世界的彫刻家の武藤順九氏の呼びかけで、『my硯』運動が立ち上がりました。

雄勝復興と「硯、墨、筆」に代表される日本古来の文化再考も兼ね、自分で硯の形を考え創り(彫り)、一生の記念にしようとするものです。今回は青葉城恋歌で有名な、さとう宗幸さんも応援に駆け付けてくれる予定です。

仙台の奥座敷・秋保の神々が集う秋保神社で、世界でたったひとつの『my硯』を武藤順九氏、雄勝の職人さん達と一緒につくってみませんか。詳細は、画像でご確認ください。

研修旅行(岩手・秋田方面)

去る6月5・6日(月・火)と1泊2日の日程にて、岩手・秋田方面へ研修旅行に行って来ました。今回は、神社参拝と当社神楽殿新築のため各御社の神楽殿の見学を目的し、岩手県の金ヶ崎神社・遠野郷八幡宮・早池峰神社の3社をお参りさせて頂きました。

初日には、金ヶ崎神社と遠野郷八幡宮を正式参拝させて頂き、宮司様より御由緒のご説明を賜り神楽殿等の施設を見学させて頂きました。その後、ユネスコ無形文化財文化財に登録されている「早池峰神楽」のある早池峰神社を参拝し、神楽殿を見学して来ました。

2日目には、秋田県へ移動し田沢湖を観光、昼食後に仙北市にあるわらび劇場にて伊達政宗公と支倉常長を題材とした「ジパング青春記」を鑑賞しました。鑑賞後には劇場前にて、出演者の皆様と一緒に記念写真を撮らせて頂き、とても良い思い出となりました。

来年以降も、氏子崇敬者の皆様と共に充実した研修が出来るように企画していきたいと思います。

御神幕奉納式

今回、山下副総代長の取次ぎのもと、氏子である伊藤勝次様より今年95歳を迎えるにあたり、長年お守り頂きました氏神様に感謝の気持ちとして御神幕をご奉納したいとお申し出があり、若林区南染師町の永勘染工場さんに新たに奉製頂き、伊藤様の誕生日5月24日に奉納式を斎行致しました。

奉納式には、ご高齢のため伊藤様にご参列頂けませんでしたが、御神幕をお祓いし、祝詞にてご奉納の報告と伊藤様の健康長寿・伊藤家の繁栄をお祈り申し上げました。神事終了後、早速御社殿に取り付け、8年振りの新調に大神様も大変喜ばれているのではないかと感じております。最後に記念写真を撮影し、伊藤様に感謝状と記念品をお届けし滞りなく終えることが出来ました。

御田植祭斎行

去る5月20日、秋保神社の御神田において「御田植祭」を斎行いたしました。

当日は天気にも恵まれ、午前10時より神事を執り行い、豊作と五穀豊穣をお祈り申し上げました。神事では、6名の女の子達に早乙女衣装を着装してもらい、田長さんと一緒に田植え神事をご奉仕を頂きました。神事終了後には、神社関係者や剣道の少年達など参加者全員で田植えを行い滞りなく終えることが出来ました。

無事に苗が成長し、秋に稲穂が豊かに稔り「抜穂祭」(稲刈り神事)を迎えることが出来ることを日々お祈りしていきたいと思います。