境野八幡・愛宕神社例祭

去る4月22日(土)、秋保町境野地区の八幡・愛宕神社の例祭が執り行われました。

早朝より地元の皆様に社殿・境内の清掃や幟立てなどのご奉仕を頂き、神事を滞りなく終了することが出来ました。大神様のご加護を賜り、境野地区が平穏で益々繁栄しますようご祈念しております。

「赤い勝守」と「芸農人」

新しい御守の紹介です。

当社で、参拝の方が多く受けられている「勝守」に赤色のお守りを新しく奉製致しました。赤色は太陽や火の熱く活発なイメージが有り、エネルギーを感じさせるアクティブな色で、スポーツや勝負事で闘争心を駆り立ててくれ、勝守に相性の良い色と思っております。これから夏に向け、試合や大会が多くなると思いますので、勝負の神様のご加護を賜りますようご紹介致しました。

さて先日の話ですが、宮司の本務社である坪沼八幡神社の社務所に住み込み、農業をしながら地域発展に努める吉本芸人「衝撃デリバリー」の二人がお参り来てくれました。写真では変なポーズをしていますが、八幡神社の例大祭で使用する物を取りに来た真面目にお手伝いをする和田くん(左)と杉本くん(右)です。1年間、農業で住みます芸人として農業をしながら『農業・坪沼・宮城の魅力』をたくさん発信してくれると思います。楽しく面白い二人ですので、見かけたら声をかけてあげてください。軽トラックが目印です。

「祝 山中慎介選手 防衛成功!!」

昨日3月2日、WBC世界バンタム級世界チャンピオンの山中慎介選手が挑戦者のカルロス・カールソン選手に勝ち、12度目の防衛を果たしました。

山中選手には昨年秋に秋保神社をお参り頂き、その際絵馬を奉納頂き、更には快く記念写真を一緒に撮ってくださいました。授与所では、当社で頒布の多い勝守(金色)を受けていかれました。

絵馬には「継続は力なり」と書いてあり、毎回の試合を観戦しておりますが、日々の厳しい練習に臨まれているからこそ何度も防衛することが出来ていると改めて感じました。多くのボクシングファンの皆様が13連続防衛の日本記録を期待していると思います。勝負の神さまのご加護のもと、今後の更なるご活躍をお祈りしております。

奉納絵馬は授与所にございますので、ご参拝の折、ご覧になってください。

 

節分祭斎行

今日2月4日は、二十四節気のひとつである「立春」です。暦の上では大寒が明け、厳しい寒さも徐々に和らぎ、春の気配を感じられる頃とされております。今日の秋保は、暦の通り朝から青空が広がり、日差しが暖かく春の足音を感じられる天気となっております。

さて、秋保神社では去る1月29日に、節分祭追儺式を斎行致しました。まず社殿において1年の災厄を祓い、無病息災で過ごせるよう祈願した後、裃を着けた奉仕者による福物豆撒きを行いました。境内には地元の方を始め、多くの皆様にご参集頂きました。

また境内では、凧作りや餅つき、宮城街づくりPRユニット「カラクリ杜のくノ一姫」による歌の披露があり、賑やかな1日となりました。

節分祭のご案内

どんと祭が終わり、境内も少しずつ日常に戻りつつありますが、秋保神社では1月29日(日)に斎行する「節分祭」に向けて準備を進めております。節分は立春の前日をさし、冬から春へと移り変わる重要な節目で、古くは立春から1年が始まるとされ、節分には心身を祓い清め、1年間の無病息災と幸福を願う行事が行われてきました。

当社では、1月29日(日)午後3時より「福物豆撒き」を行います。ぜひ今年の「福」を受けられますよう、ご参拝下さい。また、開運招福・厄難消除・商売繁盛の願いを込め、「節分追儺式」を斎行致します。豆撒きの奉仕者を募集しておりますので、年男年女・厄年の方などご希望の方は社務所までお問い合わせ下さい。授与所では、「福豆」を初穂料300円で頒布しております。

当日は、境内で午後1時より楽しい「凧づくり」(参加料300円)、午後2時より「餅つき大会」(振る舞い餅は限り有り)を行いますので、ご家族皆様で秋保にお越し下さい。

 

どんと祭のご案内

1月14日(土)、お正月飾りや1年間お祀りした御神札などお焚き上げし、無病息災や五穀豊穣を祈る「どんと祭」を執り行います。午後6時点火、午後9時鎮火の予定となっております。

また、午後7時から拝殿にて、仙台市登録無形文化財「秋保神社神楽」の初奉納があります。鑑賞は、一般の方も自由となっていますのでご覧下さい。境内では屋台の出店もあり、先着100名まで甘酒を無料で振る舞います。ぜひ秋保神社の「どんと祭」にお越し下さい。皆様のご参拝をお待ちしております。

御神酒

今年1月より当社の御神酒は、大崎市に蔵を構える株式会社一ノ蔵様に醸造頂いております。ご祈祷の撤下品として授与していますとともに、地元の商店「相沢米穀店」の取扱いにて授与所でもお頒ちしております。御神酒をお飲み頂き、秋保大神様のご加護を賜りますようご紹介致しました。300ml 800円・4合瓶 1500円で頒布しています。また、新年に合わせて飾り樽をご奉献頂き、社殿回廊に設置致しました。

「あけましておめでとうございます」

新年、あけましておめでとうございます。今年、ブログ初更新となります。

今年の三が日は天候に恵まれ、多くに皆様にご参拝を頂きました。勝負の神・秋保大神さまのご加護のもと、実りある1年になりますようお祈り申し上げます。

本年も、大神さまと氏子崇敬者の皆さまの仲執り持ちとして、神明奉仕に努めてまいりますので何卒宜しくお願い致します。また少しでも多く秋保神社について、ブログにてご報告していきたいと思っております。

抜穂祭斎行

去る10月8日、秋保神社の御神田において、「抜穂祭」を執り行いました。5月21日に行われた御田植祭にて植えられた苗は、見事な稲穂に育ち、御神田が黄金色となり収穫の時期を迎えました。

臨時祭場にて神事を斎行し、宮司の祝詞奏上後、宮司以下早乙女により抜穂の儀が行われ、御神前に稲穂を献饌し、無事に豊作を迎えることが出来たことを感謝申し上げました。神事終了後は、神社関係者・早乙女・一般参加者総出で稲刈りを行いました。

御神田で収穫した新米は、来月23日の新嘗祭で御神前にお供えした後、授与所にて神札・御守をお受けになった参拝者の方に「御神米」としてお頒ち致します。

例大祭 演芸大会

例大祭では、2日間、特設舞台また境内において様々な奉納行事や演芸が行われ、神社が賑やかに盛り上がります。

今年は、長町まざらん会の「紙芝居」やAre湯Ladyによる浴衣コンテスト、吉本興業の爆笑コメディアンズ・農業で住みます芸人キングビスケットの漫談が初めて行われ、参拝者の皆様を楽しませて下さいました。演芸大会終了後には恒例の福引大会が行われ、当選した方々に祭典委員会で用意した多くの景品が手渡されました。

当社では、演芸大会の参加者を公募しておりますので、参加希望の方は社務所までご連絡下さい。日頃の練習の成果を披露してみませんか。